前へ
次へ

一般的なとらえ方とは全く異なる解釈になることも

毎日の暮らしの中で、特に注意を払うことなくやっていることの多くが、一般常識に基づいているという意識のもとで行っているのではないでしょうか。
それで特に問題なくうまく世の中が回っていると、疑うということすらもありません。
ただ、法律を通して考えるとまったく異なる解釈になることがあります。
例えば、一時期大いに流行り、女性たちのハートをときめかせた壁ドンも、力の強い男性から非力な女性に対して行うことにより、法律上は恐喝や恫喝と捉えられます。
こうなると、もはや胸キュンなどとは言っていられません。
ただし、好意を持っている男女間で行われる場合に限り、法的に罰せられる行為にはならないということでしょう。
逆を言えば、嫌いだと思っている男性に壁ドンをされた女性が法律に基づき、恫喝されたとして訴える可能性もあります。
気分を盛り上げようと、映画やドラマを見て何気なく真似た行為が思わぬ結果を招くことになりますので、法律に照らし合わせて考えることは重要です。

Page Top